五感で情報を読み取ろう!新築の手触りを感じる

五感で新築の情報を読み取る!

新築には手触りがあり、建築金物に触れる手は、かすかなカーブの変化による使い心地の違いを感じることができますよね。壁を見る目は、新築の素材による、わずかなツヤの違いを認識していますね。われわれの五感は、建築の性能としての数字や写真より、はるかに多くの情報を読み取っているんですよね。例えば木の手触りは、キメが細かく、触ったときにサラッと気持ちよく、寒いときでもヒヤッとしませんね。実は、こんな気の手触りを残す既製品を見つけるのは、なかなか難しいんですよ。

実際に新築を見て、触れる!

多くの木製品は、メンテナンスのため表面を分厚い樹脂の塗装で覆われているんですよね。木のサラッとした感触は失われ、塗膜の樹脂を触っているのと変わらないですね。フローリングと記された床が、実はビニール製のシート状床材だったことに驚くこともありますよね。壁にもビニールクロスが使われ、いつの間にか、われわれの空間はビニールに包まれているんですね。実際に新築を見て、触れることがなければ、こんなことにさえ気づかないかもしれませんね。

全身を使って新築を楽しもう!

写真や絵を眺めるだけではなく、実際に細かい部品や素材を検討するのは、新築を「つくる」過程の楽しい一部分ですよね。住まい手は、この魅力をぜひ感じたいものですね。建築の情報は、間取りや不動産、設備やグレードなど、数字や文字になって表されますよね。もしくは、最先端の建築やオシャレなインテリアを使ったイメージがあふれていますね。ただ、そんな「主役級」の情報だけで情報を選ぶのはもったいないですよ。毎日触れる身近な「建築の脇役」たちを見て、触れて、全身を使って新築を楽しむといいですね。

船橋市で新築一戸建てを建てようと思っているのであれば、まずは土地探しが第一歩です。値段だけではなく、周辺のお店や公共施設を考慮して土地を選ぶことが大切です。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.