セルフリノベーションOKな賃貸物件!?どこまで自由に改装できる?

多様なニーズから生まれたセルフリノベーション物件

現在の賃貸では、ペット共存型や各個室にまでシステムを導入するセキュリティ強化型、楽器演奏等を楽しむ方に防音強化型など多様なニーズに対応した物件が多くあり、単に生活の場とするだけでなく、個々のライフスタイルを尊重した生活環境が提供されているんですよ。そして、金銭面からは、敷金・礼金0円はもとより退去時に現状回復義務がない等の契約形態もあり、これを受けてセルフリノベーションが可能な物件も現在では増えつつあるんですよ。

改装自由とは云っても好き勝手に変えて良い訳ではない

セルフリノベーション可能な物件は、改装自由などとされており、自分のライフスタイルに合わせて居住空間を彩りたいと云う方には打って付けの物件でしょう。もっとも、改装が自由とは云っても自分の好き勝手に変えて良い訳ではなく、物件によりその可能範囲が違っているんですよ。例えば、壁紙や床のクロス等を提示された中から自分の好みで選べる程度の自由である場合もあれば、コアである建物の構造自体に変化を与えなければOKとするところもあります。その為、リノベーション可能な物件では大家さんや管理会社と良く話合い、具体的に改装可能範囲を確認してから決めることが大切でしょう。

契約内容の確認も忘れずに

セルフリノベーションOKな物件は、現状回復義務がないと云うのが一般的な特徴ですが、実際には全ての物件が必ずしもそうではない為、契約を締結する際にはやはりその内容を良く確認することも大切と言えるでしょう。そして、大家さんや管理会社から正確に改装可能範囲を確認した後には、自分の希望を伝え、その方法に合意して貰うことも肝心な事項ですよ。また、後のトラブルを避ける為に、自ら計画書を作り詳しく説明を行い、合意書等も作成すると安心でしょう。

子育て世帯なら、一戸建て賃貸住宅が便利です。押し入れなど、服やおもちゃをしまう収納スペースも多く、また子供が騒いでも隣や上下の部屋に迷惑をかけるような心配がありません。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.